読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

マンガ「うつヌケ」田中圭一 角川書店 を読んで

「うつヌケ」田中圭一  角川書店

第1話
田中圭市の場合①
絵が手塚治虫を連想して親しみやすい。

助手との対話形式なので読みやすい。

著者のうつが治るきっかけとなった本『自分の「うつ」を直した精神科医の方法 』河出書房新社 を早速アマゾンで注文した。

第3話 田中圭市の場合③
気持ちが沈むのは、激しい気温差が原因だと気づく。
これはなるほどと思った。

第13話 精神科医・ゆうきゆうの話
認知の歪みを解消する方法が参考になった。

第20話まで、どの回も、それぞれ異なるケースで、具体的な内容が、わかりやすく描かれている。

うつという深刻で、複雑な題材だが、マンガ化がとても有効で、すっと読めた。
たぶん活字だと読みづらい内容もあると思う。

第20話 総まとめに、「うつは『なる』ものじゃなくって誰の心の中にも『眠っている』ものだと思うんです」という一節がある。

私は「うつ」と診断されたことはないが、うつは他人事とは思えない。
私自身も「憂うつ」な気分に取りつかれることがたびたびあった。身近にうつで苦しんでいる方もいる。

しかし、この本で得た知見で、うつに対する疑問や不安がある程度、解消された。

うつに関心のある方や、うつで苦しんでいる家族、知人がいる方におすすめします。

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち