読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

『海炭都市叙景』大学入試現代文を味わう

教育 大学入試

大阪大学 文学部 2016年 前期

大学入試 現代文 小説
『海炭都市叙景』 佐藤泰志

河合塾のサイトで読むことができます。

http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/16/ha1.html

 

文庫本でおよそ6ページ、冒頭から半分弱の分量。

冬山に初日の出を見に行った兄と妹の物語。歩いて下山すると言って別れた兄を妹は待ち続ける。兄は決して戻ってこなかった。


妹「わたし」の視点で描かれている。
文章は簡潔で的確。非常に読みやすい。兄と妹の会話にカギカッコはつかない。

 

受験生たちはどんな気持ちでこの問題に取り組んだのだろう。
おそらく感受性の鋭い人は、物語の世界に没入して、「わたし」の心情に共鳴して泣けてしまったのではないでしょうか。


こんな「泣き」の小説、よく出したなあというのがまず思ったこと。そして受験生の何人かは悲しくなりすぎて、他の問題に手がつかなかったのではないか。


どんな状況でもクールに感情を保ち、問題の分析と解答作成が可能な人材こそ、大阪大学にふさわしいのだろう。でも、こんな悲しい小説出題するなよと目頭を押さえながら、嗚咽をこらえる受験生が、本当は文学部にふさわしい感性を持っているとも考えられる。


問題作成をした大阪大学の先生はそこまで考えていたのかな。
近年まれに見る小説問題の良素材。すばらしい。必読です。小学館文庫で読めます。

 

海炭市叙景 (小学館文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/4094085564/ref=cm_sw_r_cp_api_xBfQybYPG7R9X

 

「note」に書いた文章を再掲しました。