読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

グレッグ・オールマン死去の記事を見て 

昨日、ブルースのことを記事に書きました。 bluesoyaji.hatenablog.com 今日、仕事から帰り、読んでいなかった朝刊をめくると、目に飛び込んできたのがグレッグ・オールマン死去の記事です。 中学生の時に、NHKで、デュアン亡き後のオールマンブラザーズバン…

ブログのタイトルbluesoyajiのbluesとは 中学生の時に、bluesに目覚めて以来、聴き続けています。 はじめは白人のブルースを聴き、そのオリジナルをたどって黒人のブルースマンに行きつくという順で、聴きだしました。 ブルースギターのカッコ良さ、黒人独特…

以前の記事に、「石ふしぎ大発見展 第23回大阪ショー」の「宮沢賢治の鉱物・元素の世界」桜井弘先生の講演の感想を書きました。 bluesoyaji.hatenablog.com その講演の内容がとても面白かったので、私も触発されて、宮沢賢治の作品の中から、岩石、鉱物、化…

大学授業料の変遷に驚いた 現在の大学授業料は高すぎです これは教育行政の責任

気になる記事を見つけました。 news.yahoo.co.jp 現在の物価に換算した上での1950年における大学年間授業料は、国立法文経系で2万9498円、私立法文経系で6万8830円、私立理工系で36万2426円(1967年)。月次にするとそれぞれ大よそ2500円・5700円・3万円。 一…

DIYに挑戦 水道栓のパッキン交換を自分でやってみた

ビッグイシュー301号のワンダフルライフの記事で、「サバイバル登山家」服部文祥さんが紹介されています。心に響いた言葉を引用します。 「町でも山でも、お金を払えばだいたいのことは解決できるのが今の社会。だけど、そうやって『お客さん』でいる人生…

読売新聞 人生案内 最相葉月さんの回答が素晴らしいので、ブログにまとめてみました さらに記述力アップの方法も紹介します。 

「妹さんが妹さんの速度で外界への扉を開ける時を静かに待ってあげてください」/読売新聞 今日の「人生案内」最相葉月さんの回答がとてもよかった。 pic.twitter.com/EFa8hYx7Jg — stsune (@stsune1) 2017年2月16日 今のあなたに必要なのは孤独です〜その時…

大学入学共通テスト 国語記述式問題例を考える

大学入学共通テストの国語記述式問題例が公表されました。 センター試験廃止後の新テストです。今の中3生から対象になります。 高校生や受験生の皆さんには関係のないテストかもしれません。 しかし、今後は、これを参考にした問題を各大学が出題してくる可…

勝浦町で化石採集 自然を満喫しましたが、思わぬトラブル発生でピンチに

天気がよかったので、午前中から勝浦町へ化石採集に行きました。 今回、探そうと思っていたポイントが工事中で立ち入りできません。残念ですが、前回来た時に貝の化石を見つけたところを再び探すことにしました。 沢を上ります。 おもしろい形をした花が。 …

化石採集 ゴールデンウィークに徳島へ、上勝町でトリゴニア化石を見つけました 

ゴールデンウィークの後半、休みが取れたので、徳島へ化石採集に行きました。 朝9時前に出発、徳島着は13時過ぎ。普段は2時間のところを4時間かかりました。 この時期に遠出するのは渋滞覚悟ですが、それにしてもきつい。小さなお子さん連れは大変でしょ…

富士通 スキャナー ScanSnap iX100-B を購入 書類の断捨離に挑戦します

3月末の年度替わりに、職場が替わるための片づけをしました。 その時の書類の分別と廃棄が大変だったので、普段から書類をため込まないようにする方法を考えました。 ネットで勧められていたのは、スキャナで書類をデジタル化して、紙は処分するという方法…

マウンテンバイク CENTURION バックファイヤー PRO400.27 自転車ライフ ちいさなトラブル

ゴールデンウィークに入った日曜日、天気も快晴で、気温も初夏並みの25度越え。 午後から近所の河川敷で自転車に乗りました。 1週間ぶりです。 ワクワクして漕ぎ出すと、チェーンから異音が。ガリガリガリと音がした後、何もしていないのに変速してしまうの…

石ふしぎ大発見展2017 第23回大阪ショー 「宮沢賢治の鉱物・元素の世界」桜井弘先生の講演会がおもしろかった

石ふしぎ大発見展2017・大阪ショーに行ってきました。 毎年、初日の午前中に行っていますが、今回は午後3時からの講演会が聞きたくて昼から出かけました。 会場に2時半ごろに着くと、パンフレットは品切れ。会場図なしで一巡し、講演会場に行きました…

母の日のプレゼントに 誕生日のお祝いに dyson supersonic ヘアドライヤーを選びました

みなさんは母の日のプレゼントをもう決めていますか? また、大切な人への誕生日のプレゼントを決めていますか? 私は、妻の誕生日のプレゼントにダイソンのヘアドライヤーを送りました。 話題になるこのドライヤー、ネックは値段が高いことです。 公式オン…

話題のマンガ「うつヌケ」の作者がうつから抜け出すきっかけになった本  自分の「うつ」を治した精神科医の方法 を読んでみました

自分の「うつ」を治した精神科医の方法 宮島賢也 KAWADE夢新書 「うつヌケ」が大変興味深い内容だったので、その中で紹介されていたこの本を読んでみました。 参考になる点が多くありました。 いくつかを紹介します。 三章僕は「考え方」を変えてうつを克服…

マウンテンバイク CENTURION バックファイヤー PRO 400.27 購入しました 自転車ライフが始まる

マウンテンバイクを購入しました。 転勤して職場が近くなって自転車通勤をしたくなったのと、以前に乗っていたクロスバイクを息子がアルバイトの通勤に使うのに譲ったためです。といいつつ、本当は、新しい自転車がほしかったのです。 近所の自転車店店主に…

化石採集 上勝町 徳島県

化石採集 上勝町 徳島県 勝浦町で化石を探したあと、さらに山深い上勝町へ向かいました。 彩りビジネスで有名な町で、全国からたくさんの視察が来る地です。 http://www.kamikatsu.jp/kankou/ 正木ダムを通り、さらに進むと、人家の多い地域があります。 そ…

5万円以下のノートパソコンを購入しました

ノートパソコンを購入しました。ブログを書くためと、データベースソフトのACCESSを使いたかったためです。 AMAZONがタイムセールをしており、みているとDELLのノートパソコンが安そうだったので、検討してみました。 予算は5万円以下。持ち運びしやすく、…

古典三千冊の読書で初めて文学について発言できる

大西巨人 「いつもそばに、本が」 朝日新聞 2001年2月4日 4月から転勤で、荷物の整理をしていると、クリアファイルに挟まれて新聞記事のコピーが3枚出てきた。 1枚目は、大西巨人の横顔写真と「古典千冊3回読め」と菊池寛 という見出し。 記事内容…

神山町の枝垂れ桜が美しかった

4月1日、徳島県神山町の枝垂れ桜を見に行きました。 県道沿いは、残念ながらつぼみでした。 道の駅もまだ咲いていませんでした。 明王寺に初めて行ってみました。 狭い道の奥に臨時駐車場があり、そこから少し登ります。 屋台が出ていて、桜祭りの雰囲気が…

年度末の片付けが大変でした

年度末、皆さん、片付けで消耗していませんか? 転勤のための職場の片付けが大変だったので、記録しておくことにします。 二箇所の机と物置部屋合計3箇所を二日間で片付けようとしたが、無理だった。 その理由1つは、紙の書類の処理が膨大だったこと。個人情…

気になった言葉 「滅びるね」「はっきり言うのは、駄目なんです」最近の読書より

青空文庫 『三四郎』夏目漱石 http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/794_14946.html ―あなたは東京がはじめてなら、まだ富士山を見たことがないでしょう。今に見えるから御覧なさい。あれが日本一の名物だ。あれよりほかに自慢するものは何もない。と…

『生き心地の良い町』岡 檀著 講談社を読んで考えた

『生き心地の良い町』岡檀 講談社 本日、読了しました。偶然、こんなニュースを目にして、考えることがあり、書いておきます。 成人の4人に1人が自殺を考えたことがあることが、厚生労働省の調査で分かった。21日に発表された意識調査で、過去に実施した…

静岡大学 大学入試問題 「街場の憂国論」内田樹 2015年 人文社会学部

静岡大学 2015年 人文社会学部(言語文科学科)「街場の憂国論」内田樹 河合塾のサイトで読めます http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/15/si1.html 現代文としていますが、「問三 あなたはどのような情報社会が望ましいと考えていますか。ま…

浪人生活のメリットとデメリットを考えてみました

浪人を考えている人、その保護者の方へ進路担当の高校教師がアドバイスします もう一年受験勉強をしようかと浪人を考えている人に、浪人することのメリットとデメリットをあげてみました。 私自身、浪人生でした。教師になり進路を担当して、大勢の高校生を…

東京大学 藤原新也 「ある風来猫の短い生涯について」2015年 大学入試 前期 文科

若い頃、よく読んだ藤原新也が東京大学の入学試験に出題されていたので、久しぶりに読んでみました。 2015年 東京大学 前期 文科 藤原新也 「ある風来猫の短い生涯について」 河合塾のサイトで読めます http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/15/t0…

山本周五郎の小説が金沢大学の入試に出題されていたので読んでみた 2017年 金沢大学 人間社会学域 国語

2017年 金沢大学 人間社会学域 入学試験問題 国語 「民衆という幻像」渡辺京二 筑摩書房 山本周五郎の小説を取り上げ、義理を論じた文章。周五郎を題材にする評論は珍しいので、読んでみました。 http://nyushi.nikkei.co.jp/honshi/17/kn1-31p.pdf 問題…

受験生と企業の人事担当者は、これを見よ!本当の大学ブランド力ランキングはこれだ!

日経BPコンサルティング 「大学ブランド・イメージ調査 2016-2017 近畿編」 対象大学は主要66校、調査期間は2016年8月1~31日、有効回答はビジネスパーソン4,291人 近畿地方の主要大学における「大学ブランド力」ランキング http://news.mynavi.jp/news/2016/1…

サン=テグジュペリの最期について書かれた本 「星の王子さまが眠る海」を紹介します

国立大学の医学部入試にも出題された「夜間飛行」 その作者のサン=テグジュペリは、第二次世界大戦中の1944年7月31日、偵察機で任務に出撃し、帰りませんでした。 その死は謎のままで、ドイツ軍の戦闘機に撃墜された、故障のため墜落した、急病のせいだなど…

近畿大学の入試問題がニュースになっていたので、考えた

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。 近畿大学の17年度入試問題が波紋 安倍政権を痛烈に批判 - ライブドアニュースhttp://news.livedoor.com/lite/article_detail/12792090/ 近畿大学が安倍政権を批判した文章を入試問題…

化石採集 徳島県上勝町で貝の化石を見つけました

徳島県上勝町で化石採集しました。 参考にしたのは、徳島県 地学のガイド コロナ社 徳島県 地学のガイド―徳島県の地質とそのおいたち (地学のガイドシリーズ) 掲載されている上勝町の正木ダムコースと月ヶ谷コースに行ってみました。 月ヶ谷コースは、蛇紋岩…

山形大学医学部 2015年 大学入試問題 「夜間飛行」サン=テグジュペリ

サン=テグジュペリの「夜間飛行」は、1931年にパリで出版された小説である。 山形大学医学部の2015年大学入試 国語の問題で「夜間飛行」が出題されたので、考えてみた。 なお、問題文は、新潮文庫 堀口大学訳の文章。おそらく著作権の関係でネットには…

2016年 東京大学 文科 前期 大学入試問題 国語 「反知性主義者たちの肖像」内田樹

2016年 東京大学 文科 前期 国語 「反知性主義者たちの肖像」内田樹 河合塾のサイトで見ることができます。 東京大学 http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/16/t01.html 反知性主義について、引用を用いながら筆者の考える知性との対比で、その定…

国公立大学二次試験の小論文は、「田村の小論文講義」がおすすめ

「田村の小論文講義1根底力養成篇 田村秀行 代々木ライブラリー 大学入試小論文の勉強におすすめです。 一巻の「根底力養成篇」は、テーマ型小論文の問題と文章題の要約問題が扱われています。 二巻の「応用力養成篇」では、実際の文章型の問題を扱っていま…

国語教師が勧める小説 夏目漱石「夢十夜」と上田秋成「青頭巾」

夏目漱石「夢十夜」と上田秋成「青頭巾」 夏目漱石「夢十夜」第一夜 第一夜は、男が女との約束を待ち続ける話。百年待てば、会いに来るという女の言葉を信じて男は墓石の前で座り続けます。 青空文庫から引用します。 http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/…

2017年 広島大学 入試問題 国語 「ブラジルおじいの酒」目取真俊 を読んで考えた

2017年 広島大学 入試問題 国語 小説 「ブラジルおじいの酒」目取真俊 河合塾のサイト http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/17/hr1.html 近所に一人で住む「おじい」と小学4年生の「ぼく」との交流が描かれている。初めは友だちと「おじい」の畑…

2017年 大阪大学 入試問題 文学部 国語 小説 島尾敏雄 「魚雷艇学生」を読んで考えた

2017年 大阪大学 入試問題 文学部 国語 小説 島尾敏雄 『魚雷艇学生』 http://nyushi.nikkei.co.jp/honshi/17/ha1-31p.pdf 分析や解答例は河合塾のサイトでどうぞ。 河合塾(総合教育機関・予備校)/ 2017年度国公立大二次試験・私立大入試解答速報http://ka…

「文系学部廃止」の衝撃 2017年大阪大学 入試問題を読んで考えた

2017年 大阪大学 法・外国語・経済・人間科学部(前期) 『「文系学部廃止」の衝撃』吉見俊哉著 集英社新書 ここで見ることができます。 http://nyushi.nikkei.co.jp/honshi/17/ha1-32p.pdf 今回はテキストにしてみました。 ただし、設問の傍線部や漢字問題は…

2017年 京都大学 入試問題 国語 理系 「私」をつくる 近代小説の試み を読んで考えた

2017年 京都大学 入試問題 国語 理系 「私」をつくる 近代小説の試み 岩波新書(新赤版) 15722015年11月20日第1刷発行著者 安藤宏 問題文は第3章「あなた」をつくる からの引用で、二葉亭四迷が話し言葉で小説を書くことを迷っていたというエピソードに続く…

ムダな仕事はもう、やめよう! 吉越浩一郎著 かんき出版を読んで考えた

ムダな仕事はもう、やめよう! 吉越浩一郎著 かんき出版 働き方について、考えることが多くなった。 定年後の人生設計や子どもたちの就職が気になる歳になったからだ。 参考になる部分を引用して、考えてみた。 日本人は、働いているうちが自分の本当の人生…

『青天有月』 松浦寿輝 2016年 京都大学 入学試験 前期 文系国語問題を読む

オウムガイは古代から生き延びた生物として知られている。生きている姿はどこかユーモラスで魅力がある。 似たような生物としてアンモナイトが有名だが、こちらは絶滅してまい、現在は化石としてしかみることができない。 私は、アンモナイトの化石を求めて…

《演劇的知》について/安田雅弘 2008年 京都大学 文系 国語 入試問題を読んで考えたこと

河合塾のサイトに過去問があります。問題文、解答、分析つき http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/08/k01.html 本文は、ここでも読めます。www.yamanote-j.org/uptown_archive/shisou.pdf 「身体感覚」について、演劇のワークショップでの「靴下…

疲れが取れない人におすすめします。「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 藤本靖著 講談社+α文庫 を読んで

疲れが取れなくて、いつも身体も心も何となく重いので、タイトルに惹かれて読んでみた。 身体感覚を鋭くして、身体の使い方をチューニングする方法が、たくさん紹介されている。 その中で、3つ、声の出し方、人と会うとき疲れない方法、呼吸法について紹介す…

『うつヌケ』田中圭一 角川書店を読んで考えた

第3話 田中圭一の場合で、うつの「突然リターン」の原因が、「はげしい気温差」にあることに気づく場面があります。 引き金になるものは、さまざまあり、 気圧の変化も外部要因だそうです。 そこで、気温や気圧の変化がわかるアプリを探してみました。 「ズ…

マンガ「うつヌケ」田中圭一 角川書店 を読んで

「うつヌケ」田中圭一 角川書店 第1話田中圭市の場合①絵が手塚治虫を連想して親しみやすい。 助手との対話形式なので読みやすい。 著者のうつが治るきっかけとなった本『自分の「うつ」を直した精神科医の方法 』河出書房新社 を早速アマゾンで注文した。 第…

『海炭都市叙景』大学入試現代文を味わう

大阪大学 文学部 2016年 前期 大学入試 現代文 小説『海炭都市叙景』 佐藤泰志 河合塾のサイトで読むことができます。 http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/16/ha1.html 文庫本でおよそ6ページ、冒頭から半分弱の分量。 冬山に初日の出を見…

初めてビッグイシューを買ってみました

今日、初めてビッグイシューを買って読みました。305号、エマ・ストーンが表紙で、特集は「出ひきこもり」 ひきこもりに関心があるので、ぜひ読みたいと思っていました。販売員さんのいる場所を電車で通学している子供に確認して、行ってみるとすぐ見つかり…

『夏目漱石』十川信介著 岩波新書 を読んで

『夏目漱石』十川信介著 岩波新書 ロンドン留学中の漱石は、下宿の部屋にこもり、勉強ばかりしていた。そのためか精神が不安定になったが、その危機を克服したのは、なんと自転車に乗ることだった! 自転車に乗る女主人のミス・リールの勧めで、漱石は自転車…

忌野清志郎「covers」と「コブラの悩み」

東芝のニュースが世間を騒がしている。 思い出したのが、忌野清志郎の「covers」と「コブラの悩み」というアルバム。 当時のレコード会社の親会社が東芝で、原発に批判的な内容のアルバムの発売を中止させたと言われた。 ライブ盤の「コブラの悩み」で清志郎…

「科学コミュニケーション」2017年センター試験 国語 評論文を読んで考えたこと

2017年センター試験 国語 第1問 評論「科学コミュニケーション」小林傳司 問題文の分析 河合塾のサイトでセンター試験をみることができます。 http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/17/ 各段落要旨をまとめてみた。①~⑬が段落番号です。 問題…

『夏目漱石』十川信介著 岩波新書 を読んで考えた

『夏目漱石』を読んで、気になった箇所を引用する。(一部表記を変えています) 彼は続いて十一年四月には市谷上等小学第八級を卒業、同じ年の十月には神田猿楽町にあった錦華学校小学尋常科第二級後期を卒業するというスピードぶりである。これは当時の学制に…